アレルギーの治療

血液検査で原因を特定し、
適切な対処方法をアドバイスします

当院が大切にしていること

当院ではアレルギーの症状があった場合、花粉症やアレルギー性鼻炎などの原因を特定することを大切にしています。原因がわかることで適切な対応ができるからです。花粉症であればマスクの着用や服薬を、ダニやハウスダストに起因する通年性のアレルギーであれば、布団や部屋の掃除をまめに行うことなどをアドバイスしています。

花粉症の症状

花粉症の症状としては、くしゃみや鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどが挙げられます。
お子さんは鼻の穴が小さいため、中でも鼻詰まりの症状が強く出ることが多くあります。鼻で息をしにくくなっているので、口呼吸をしていたら注意しましょう。

アレルギー性鼻炎の症状

花粉症と症状が似ているため、検査で花粉症かアレルギー性鼻炎なのかを突き止める必要があります。アレルギー性鼻炎はハウスダウトやダニ、ペットのイヌやネコなどが原因になります。

検査について

血液検査を行うことで、アレルギー症状を引き起こす原因物質がわかります。赤ちゃんが受けられる簡易検査も行っています。アレルギー物質を特定することで、対処の方法がわかります。

staff staff blog